画質の良いカメラはどれなのか?

>

スマホのカメラを使用した場合の撮影の仕方について

ポイントとなるカラーを決める

最近は、誰でも簡単にお洒落で綺麗な映像を撮る事が出来るようになりました。
ですが、被写体をもっと目立たせる為にあまり沢山のカラーがあるとどうしても引き締まって見えない映像になります。
見ていても、何を伝えたいのか分からないと思います。

パッと鮮やかな映像は、一瞬にして人の目や関心を一気に集めます。
このような映像を撮る為には、ポイントとなるカラーを決めて他の被写体カラーをなくす事です。
カラーを一つだけ付ける事により、何を伝えたいのかが分かる事があります。

ワンポイントのカラーを使用する事により特定の被写体を鮮やかに浮き立たせる事にもなります。
特に、スマホではカメラの加工アプリが沢山あるのでアプリを利用すればプロ顔負けの映像を撮影する事が出来ると思います。

一体感のある映像になる

一つのカラーだけを目立たせる事により、よりその映像に躍動感が生まれる事があります。
色味を最大限にまで抑えてそこに光を与えるかのように、一つメインとなるポイントカラーを置く事により全体的に一体感があるように見えます。
特に、スマホで綺麗な映像を撮影する為には、なるべく加工するのが良いと前の記事でも紹介しましたが、何もアプリを使用しなくても綺麗な映像は撮影が可能なのです。

それは、全ての写真を白黒にして一つだけカラーを乗せてあげるだけでそのものがリアルに見えたりします。
メントなるカラーを統一するのではなく、その映像に置いてポイントにしたいカラーを選ぶだけで画質の良い物が出来ます。
カラーを絞る事で人の目を引く映像にする事が出来ると思います。