画質の良いカメラはどれなのか?

>

デジタルカメラで良い映像を撮るには?

映り込みを生かして撮影する事

例えばですが、何か強調したい映像があったとします。
ではどうすれば目立たせる事が出来るでしょうか?
一番よく使用される方法は、映り込みを生かして撮影する事です。
これは、簡単に言うと反射する水や鏡を利用して撮影します。

そうする事により奥行きや一番目立たせたい映像がくっきりとするみたいです。
映像には静止している物や動いている物も沢山ありますが、特に動いている映像に関しては映り込みをよく利用して撮影する事が多いそうです。
静止している映像は単調になりやすいので、同じ物を並べたり形を作ったりする事で強調する事が出来ます。
映り込みを上手く利用する事により、アートのような感じになったりお洒落感も出す事が出来るみたいです。

対称となる物を映り込ませる事

非対称となる物を映像に組み込ませる事により映像はより鮮明な映りになりますし、より人の印象に残りやすくなります。
良い映像を撮影する為には、日々カメラマンはこうした努力をしながら最高の物を作り上げているのです。
特に、街の中にはこうした非対称的な物が多数存在している事が多いと思います。
わざわざ、その場に行って様々な角度から撮影する事で何枚か良い映像になるそうです。

非対称な物をただ撮影するのではなく、被写体との絶妙な位置やバランス関係も重要だそうで、中々素人には難しいテクニックが必要な場合もあります。
人は目の錯覚により、様々な形に見える事があるそうです。
そのバランスを生かした映像にする事で、より良い映像を作る事が出来ます。