画質の良いカメラはどれなのか?

>

ビデオカメラで綺麗な映像を撮るコツについて

太陽の光を上手く利用する

上手に光と影を利用する事で最高の映像を撮影出来る場合もあります。
ですが、その時に注意して欲しいのが太陽の光の位置をよく確認する事です。
それは何故かと言うのも、光の位置により暗くなったり必要以上に光に当たりすぎてしまい、被写体自体が見えない状態になってしまうからです。

特に、屋内での映像の撮影の場合だと光の方向や強さによって印象がガラリと変わって見えるのです。
なので、印象的な映像を撮影したいのであれば光を斜めに利用して撮影する事が良いと思います。
そうする事により、とても綺麗な映像になれますし、ドラマティックな印象になる事もあります。
光と影のメリハリをはっきりと使うようにすると優しい感じやダークな感じになったりします。

屋外での映像の撮影の場合について

屋外の撮影だとより印象的な映像を撮影出来るような気がします。
何故そのように考えるのかと言うのも太陽の光と影のバランスが屋外の方が保たれているからだと思うからです。
特に、朝と夕方に撮影すると太陽の位置により温かみのある映像が撮影出来る事があります。

影も長くなるのでその分印象的な映像になりやすいですし、より強い映像になれます。
屋外は気温の関係もあるので人物や物を撮影しようとすると、影の形に特徴的な模様が出来る事もあるのでアートな映像を撮影出来る場合があります。
ですが、光が多すぎてしまうと、全体的なバランスが白くなってしまい、前の記事でも紹介したように、どこかの色を強調したい時には中々上手くいかない事もあるようです。